米川伸生の史上最強toto予想ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 第350回toto予想

<<   作成日時 : 2008/07/26 17:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

予想のUPが遅くなりましたが、今週はmini-totoAの予想です

bP 柏−京都
対戦成績:柏 12勝0分3敗
京都:柏成績 1勝0分6敗
主な欠場選手:柏 古賀、ポポ、李、フランサ(出場微妙)
       京都 水本       
柏:H支持率50%台の成績:7勝2分4敗
京都:A支持率20%台の成績:3勝2分3敗
「1」「0」「2」出現確率:「1」0.521「0」0.230「2」0.249
試合予想:波乱度C

柏は出場停止、ケガ等で前線の3人が抜けるという非常事態。
不安感は残るものの、こういう時の柏はチームにまとまりが出るため、組織としては崩れないだろう。
むしろ、不安といえばこのところ安定感を見せていた最終ラインで水本が抜ける京都の方が上か。
京都はこのところ5試合連続で先制点を挙げているが2点目を挙げたのはわずかに1試合だけ。
1点を守りきって勝つ試合となると厳しいのではないか。
柏の勝機濃厚と見るが、京都に先制されると勝ちきれない可能性はありそうだ。

予想:本戦「1」 柏の勝利 抑え「0」


bQ FC東京−横浜
対戦成績:F東京 7勝4分6敗
横浜M:味スタ成績 4勝5分3敗
主な欠場選手:F東京 長友、梶山、近藤
       横浜M 栗原
F東京:H支持率50%台の成績:6勝3分6敗
横浜M:A支持率20%台の成績:6勝4分4敗
「1」「0」「2」出現確率:「1」0.313「0」0.296「2」0.391
試合予想:順当

リーグ再開後0勝3分2敗のFC東京対6連敗中の横浜Mとの対戦。
どちらも絶対に勝ち点3が欲しい戦いとなるだけに決着濃厚とみたい。
FC東京は五輪代表コンビが抜けるため、攻撃の起点を作れるかどうか鍵になりそうだが、この2人が抜けたナビスコ杯では1勝1分0敗という成績だっただけにそれほど心配しなくても良いだろう。
一方、横浜Mはまだメンバーを模索している感が強く、チームの一体感というモノが感じられない。
選手起用にいまだ試行錯誤している横浜M相手なら、FC東京が撃破してくれるだろう。

予想:本戦「1」 FC東京の勝利


bR 川崎F−名古屋
対戦成績:川崎 4勝3分2敗
名古屋:等々力成績 2勝2分8敗
主な欠場選手:川崎 谷口、森
       名古屋 吉田
川崎:H支持率40%台の成績:4勝0分4敗
名古屋:A支持率30%台の成績:5勝4分6敗
「1」「0」「2」出現確率:「1」0.377「0」0.172「2」0.451
試合予想:波乱度B

新加入のV・ジュニオールの活躍で前節、浦和に勝利した川崎の勢いはそう簡単には止まりそうもない。
但し、谷口の欠場で守備に不安を抱える上に、寺田が復帰したばかりでヨンセンへのマークが甘くなると危険だろう。
川崎はリーグ戦18試合中11試合で先制を許しており、先行逃げ切りが得意な名古屋はやっかいな相手かもしれない。
ここは名古屋の勝機が高いと見る。

予想:本線「2」 名古屋の勝利 抑え「1」


bS 磐田−東京V
対戦成績:磐田 19勝1分9敗
東京V:ヤマハ成績 3勝0分10敗
主な欠場選手:磐田 西
       東京V フッキ
磐田:H支持率50%台の成績:9勝3分1敗
東京V:A支持率20%台の成績:1勝1分4敗
「1」「0」「2」出現確率:「1」0.624「0」0.218「2」0.158
試合予想:順当

東京Vは平本、大黒の新ツートップが連動し、ブラジル人頼みだったチームからの脱却が見られるようになった。
フッキ欠場でむしろ組織力は上がっているかもしれない。
とはいえ、復調ムードの磐田相手にポゼッションで上回るのは厳しいところ。
前線3人の連動した動きにも対処できるかどうか不安が残る。
今季、3回の対戦ではいずれも磐田が勝利を挙げていることも考え、ここは磐田の勝利が濃厚とみる。

予想:本線「1」 磐田の勝利


bT G大阪−大分
対戦成績:G大阪 7勝0分4敗
大分:万博成績 2勝0分3敗
主な欠場選手:G大阪 遠藤、安田、播戸、バレー、山崎
       大分 西川、森重、家長
G大阪:H支持率60%台の成績:11勝3分3敗
大分:A支持率10%台の成績:8勝4分18敗
「1」「0」「2」出現確率:「1」0.600「0」0.172「2」0.228
試合予想:波乱度D

G大阪はバレーの移籍が決定し、チーム内に衝撃が走っている。
さらに前節、決勝点を決めた山崎も欠場が決定的で、FW陣が手薄であることは否めない。
以前ほどの爆発力が感じられないだけにいまの状況は厳しいと言わざるを得ないだろう。
しかも対戦相手の大分はリーグ最少失点と鉄壁の守備でリーグ再開後は3勝2分0敗という成績。
西川、森重と大分の守備を支えてきた2人が欠場する不安はあるが、全選手の守備意識が強く大崩することはまずないだろう。
データ通り、G大阪の勝機が高いと見るが、大分がジャイアントキリングを起こす可能性も捨てがたいところだ。

予想:本線「1」 G大阪の勝利  穴狙い「2」

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
米川伸生 〜勝利の方程式〜史上最強のtoto予想
第350回toto予想 米川伸生の史上最強toto予想ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる